飛紅真の手紙

フェミニストで精神看護専門看護師ブロガー、自然、アート、社会問題を綴る。

春の使者~セツブンソウたくましく咲く~

今日は震災から1年の日ですね。

私はあの日あの時間、ちょうど雪割草と節分草を見に、林道を運転していました。

下山すると、あちこちの信号が機能しておらず

友人からのメールで事実を知りました。


みんながたくさん悲しんで、
それぞれがたくさん考えて、
苦しんだ1年だったんだと思います。


今日も、いろんな気持ちで、
1年前と同じ場所に、節分草を見に行きました。



二日続いた雨で、
花は濡れそぼり、
うつむき加減です。

フォト

 

フォト

 

フォト





フォト






けれど、雨にも負けず、
すこしづつ頭を上げて、
朝日を浴びようと力強く花開いています。

フォト



フォト




絶滅危惧種ですが、
早春に咲く、春の使者。

フォト



しっかりと春を運んでくれました。






続いて、座禅草の群生地に向かいます。

昨シーズンは、3月上旬に雪の中座禅草を見に行きました。
とっても美しい光景でした。


今年は、日曜日ということもあって、
人だかり、観光バスも入ったりツアー登山客もいたりと
にぎわっていて、
落ち着いて撮影するのは難しい。


さらに曇りで林の薄暗い中、撮影条件は悪いあせあせ(飛び散る汗)

フォト

 

フォト




しかし、やっぱり渓流にぬって自生する座禅草は、いいですね。

フォト



フォト




ここにもちゃんと、春はきていました。

フォト







山の命が芽吹くときです。

大自然は時に厳しく容赦ないですが、

たくましさや美しさや
いろんなことを体現しているんですね。

フォト