飛紅真の手紙

フェミニストの精神看護専門看護師ブロガーが、自然、アート、社会問題を綴る。

落ち葉と陽光とスプリング・エフェメラル

本日は陽光があたたかく
気持ちのいい晴れです。

先日、思うように撮れなかった節分草を撮影してきました。

花も終わりかけで、来年まで会えないので・・・



一見すると落ち葉のじゅうたん

フォト






よく見るとそこには

フォト

 

フォト





落ち葉はあたたかいのでしょうか

フォト





ここは斜面ですが
日当たりのよいところを探して
たくましく咲いています

フォト

 

フォト






フォト

 

フォト










春を告げる節分草の花期はクライマックス

スプリング・エフェメラル(春の儚い命)といわれ、
初夏には地上部が完全に消え、残った球根が来春まで眠りにつきます。

フォト







あっという間の儚い花のいのちを感じます

フォト