飛紅真の手紙

フェミニストの精神看護専門看護師ブロガーが、自然、アート、社会問題を綴る。

九輪草の群生地

6月1日。

九輪草が咲いているのを発見

標高1700mの高原にも咲いていたんだと静かに感動。

 

 

 

草原の脇すぐにある湿原、沢沿いに小さく群生していました。

クリンソウ2

 

 

クリンソウ3

 

 

 

サクラソウ科で最大の大きさとなる種。

山間地や湿原などの湿った場所に咲きます。

草丈も高いので、6月のまだ枯草の湿原ではとても目立ちます。

クリンソウ

 

 

 

 

何とも言えない緋色、美しいたたずまいです。

 

クリンソウ4

 

 

 

 

 

6月といっても高原はまだ春なので、虫も少なく静かな渓流に、しっとりとした時間が流れていました。

 

クリンソウ5

 

 

 

この後、草原は7月にかけてレンゲツツジで真っ赤になります。

夏の幕開けといった感じですね。